トップイメージ
ローンキャッシングを申し込む際には、お金の融資を受けるキャッシング会社の審査に申し込んで、各企業の決められている審査基準をパスする必要があります。そういう審査基準の中で、人のどういう部分が審査される事になるのでしょう。融資を許可するかの、ボーダーラインはどんなところにあると思いますか。キャッシングを提供するキャッシング会社は、借り主の与信を基に判断を行います。調査されるひとつひとつの項目は、属性と呼ぶことがあるのです。自分自身のことや家族の情報、仕事の情報、居住地などを判断していくようです。属性は数百項目ありますから、もちろん重視されるチェック項目とそうでもないものというのが存在するのです。とりわけ重く見る属性というものには、歳や融資を受けようとしている人の仕事、今、住んでいる場所の期間など、審査依頼した人の所得レベルをチェックできるものがあります。収入基準が判断でき、なお、確認があるものは、中でも優先の高い項目の属性と呼ぶことができます。その重視されている属性の中で「年齢」に関しては、カード会社は基本的に、主な利用者年齢を20歳代から三十歳代としていますが、その主な利用者の中でも未婚者の方を重視しているようです。一般的な世間からすれば独身よりも家庭を持っている人の方が信用があるはずですが、キャッシング会社では、家庭を持っている人よりか自由に使えるお金が多いと考えるため、家庭を持っていない人を既婚者よりも優遇されるっていうことがあるはずです。また、歳は上になればなるほど契約には苦労する事になっていってしまうはずです。カード会社側で、そこそこの年齢になるのに自由に使えるお金などが少なくともないのは何かおかしいと判断されてしまうはずです。家のローンを背負っていることなどもあるので、契約の承認を出すかの可否の判定にはシビアになりがちなのです。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.black-motherfucker.com All Rights Reserved.