トップイメージ
特定調停も任意整理による解決と変わりなく、お金の貸し手に支払いを行っていくことを前もって決めた債務整理の選択のことです。わかりやすくいうならば裁判所が処理する負債整理といえるでしょう。任意整理による解決と同じように、自己破産と違いある部分だけの負債のみを整理していくことになるので、他に保証人が付いている負債額以外だけを整理していく際やマンションのローンを除き検討していく場合などにおいても用いることができますし、財産を放棄してしまうことは必要とされていないので自動車やマンションなどの資産を所有していて、放棄してしまいたくない状況であっても有力な選択肢になる債務整理の方法といえます。しかし、手続き後の返済に必要となる額と実際の給与等の収入を検討し、おおむね返済の計画が立つようならばこの特定調停による手続きを進めることは可能ですが、破産手続きと違い負債自体がなくなるというわけではありませんので、負債の総額が巨額な場合においては、残念ながらこの方法で手続きを踏むのは困難であるということになります。いっぽう、この特定調停は裁判所が中に入るので弁護士等に依頼しなくても立場が弱くなってしまう心配がないということとか、解決のための費用を低くおさえられるという良いところは良いのですがお金の貸し手からのわずらわしい取り立てに対し債務者自らが対応しなければならない点や、所定の裁判所にことあるごとに出頭することが求められるといった注意が必要な点もあります。また、任意による整理との比較になりますがこの方法で同意に達しないような時は金利を全部含めた金額で渡していく必要があるといったことや最終的にお金の貸し手に対し支払っていく金額が任意整理の場合よりも高くなる場合が多いといった注意が必要な点もあります。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.black-motherfucker.com All Rights Reserved.