トップイメージ
多くの場合、クレカの上限金額が自分が日常払う金額よりゆるくなっているとユーザーは心配ないと思い違いをして、むやみにクレジットカードを使用してしまったりするものです。そのようなクレジットカード使用の危険を抑制するため決済できる上限金額をできれば少なく設定しておこう・・・というお勧めが、本文の主旨となります。限度額を引き下げる方法▽クレジットカードの月の利用限度額をコントロールすることは、月の限度額を引き上げることと大差なく、いたって便利です。手元のカードの背面にプリントされている専用窓口にダイヤルして「限度額をもっと低くしてほしい」のようにエージェントには伝えるだけ。一般には今の月の限度額に比べ下であれば特別な調査もなく簡単に申請が終わってしまいます。利用限度額を少なくするのは防犯へと結びついている◇カードの月ごとの限度額を引き下げておくことは、自己抑制等の効果は言うまでもなく資産を守ることとも関連が深いものです。もしも、大事なクレカが第三者に悪用された場合でも前もってカードの月の限度額を低く設定しておけば危険を可能な限り最小限にすることが可能なためです。ここで言っておきたいのはクレカが偽造されることになったトラブルでも契約者に意図的と言えるような問題がない場合は盗難保険という名前のカード保険が契約者をフォローしてくれるから不安を感じることはないですがもし被害に遭った時のことを想定して普段必要ないような月の限度額は減額しておくと良いでしょう。使いもしない余裕はデメリットでしかないのです。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.black-motherfucker.com All Rights Reserved.